« クックルさんの仕事 | トップページ | 暑くても、去年の氷は使えません。 »

2008/07/24

超絶可憐なカモミール

Img_6208

「ああ〜。蒸し蒸ししてスッキリしないわねえ。」

そんな時は、夜帰宅したら家に入る前に庭でハーブを触る。
冬ならむろんニャンコだけど、汗ばむ季節はちょっとエンリョ^^;

Img_6214

夏バテも顕著な庭模様。
本人の「やる気」が梅雨バテ暑さバテのせいだけど。天気が良ければ外に出たがらず、かといって涼しけりゃ涼しいで、普段の寝不足解消にあてられて庭的にはマイナス要素。まったく手に負えない。

バラなどは、もはやそりゃないでしょう状態…あえて書くまい。しょっぱな私のやる気を根こそぎ奪った天気がイケナイ!それでもシュートはバンバン出て、虫に食べられ黒点で落葉しつつも花はどんどん咲き(ちっちゃいが)おおむね元気だから、ちょっとしたことでスグ枯れる繊細な他の植物に比べればバラは絶対花好きのモノグサには向いていると思われ(鉢植え除く。水やらなきゃ当然枯れます)。

「…くぅ…あとでまとめて夏剪定だ。それまで自力でガンバレ諸君!」

ロザリアンの端くれとはいえ、コレでいいわけないのだが、ものぐさガーデナーの庭では強い個体しか生き残れないのもまた事実であり(鉢ものの水やりくらいはなんとかやっているし〜)。

Img_6221

そんな中でも元気なハーブ。どんどん増えるミントやクリーピングタイム。ランナーで小株を増やしまくるワイルドストロベリー。ランナー出さない種類のワイルドストロベリーは花咲き実が成りどんどん大株に。ローズマリーはローズマリーで「…松ですか。実はあんた松でしょ?!」疑惑も浮上中…。

このローマンカモミールもちっさい苗で、花、咲くのかな?状態だったが、今や暴れ放題にあっちに倒れこっちにからまりしつつ花を咲かせている。
いくらちょっと暴れる植物が好きと言っても…過ぎたるは及ばざるがごと〜し!!こんなにひねくれて咲くヤツだとは。
暴れん坊将軍カモミールも、花や葉はゲキマブ。匂いかぐわし(リンゴみたいな)。摘んで飾ればこれこのとおり。
ちなみに背景の紫は、やっぱり暴れん坊のカンパニュラ。

「なんで自力で立ってられんのだ。ツルものかキサマは。あれだ。アラスカに行け!」(会話に「あれ」だの「それ」だのが年々増えていきませんか?エ、ワタシだけ?^^;)

と、毎年罵られつつもちゃんと大きくなって花咲くからカンパニュラはエライヤツなんである…ほぼクリーピング状態なのでジャマだけどね。

|

« クックルさんの仕事 | トップページ | 暑くても、去年の氷は使えません。 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181613/41953362

この記事へのトラックバック一覧です: 超絶可憐なカモミール:

« クックルさんの仕事 | トップページ | 暑くても、去年の氷は使えません。 »